バイアグラの副作用とは

バイアグラは勃起不全に悩んでいる男性が使用することによって、勃起不全を改善することができるものです。
しかし、何らかの持病などを抱えている方が使用することによって、副作用を引き起こしてしまう可能性もあります。
特に心臓病や高血圧などと診断された方が服用すると、その副作用として心臓の血管が収縮する「狭心症」を引き起こす可能性が出てきます。
また、場合によっては命にかかわるほど重大な副作用もありますので、使用する前には必ず医療機関で医師の診断を受けるようにしてください。
硝酸塩系の薬、例えばニトログリセリンなどの薬を服用している時にバイアグラを使用することによって、狭心症の発作などの思わぬ副作用を招く恐れがあります。
硝酸塩系の薬には舌下錠や駐車、吸入剤などを使った服用法があります。
このような薬を服用されている方が使用することによって、急激な血圧な低下を引き起こしますので、決して同時に服用はしないでください。
狭心症の発作ではニトログリセリンなどの薬が使用されますが、そのようなときにバイアグラを使用して心臓発作を起こすと、その処置のために使われた薬と反応する可能性があります。
また、パートナーと性行為を行う際には事前に使用していることを確実に伝えてください。
狭心症を患っている方以外にも、心臓の血管に何らかの異常がある方や肝臓病の方、脳梗塞や脳出血など、血液や血管の異常が認められた場合は服用することはできませんのでご注意ください。

関連記事一覧