効果はありますが、反動もあります

どうもいつもより勃ちがわるい、というよりまったく勃たないという時に頼れる薬というと何を思い浮かべますか。
勃起不全や不感症、生殖機能の機能が落ちてきたと思った時に頼れる薬、それがバイアグラです。
狭心症の薬を作っていてたまたまできたというこの薬の由来を知っている方は多いのではないでしょうか。
実験用に持って帰ったスタッフが、みんな戻したがらなかったというほど効き目抜群のED治療薬です。
ED治療薬の決定版のような薬ですが、日本で承認された時にはかなりの騒動になったくらいです。
陰茎海綿体にある血管平滑筋を緩める作用をすることで、陰茎海綿体に流れ込む血流を増やしてくれる薬です。
それにより海綿体の内圧が高まり、性交渉に必要な硬さを得ることができます。
しかも、作用している時間が長く、服用後に食事をしてもそれほど影響をうけないというメリットがあります。
このバイアグラは効果はありますが、使う方によって反動というか副作用が強く出るケースがあるので注意が必要です。
使った直後に発疹などが出た時は、すぐに医師に相談することをおすすめします。
また、顔のほてりや頭痛、動悸、めまい、記憶力の低下、胃腸障害、肝・腎機能異常などが出る場合もあります。
おかしいなと思うくらいの軽い副作用のこともありますし、すぐに処置が必要な重篤な副作用が出る場合もあるので注意しましょう。
効果てきめんのED治療薬だけに、体質に合わなければいろいろな副作用がでるもののようですので、体質に合わせながらご利用ください。

関連記事一覧