バイアグラの副作用を知ろう

バイアグラを使った人の経験談を聞くと、久しぶりにそそり立つ感覚を味わえた、すぐに二回目の挑戦できた、などいったいい経験談もありますが、二度と使いたくないといった声もあることも事実です。
人によって効果の度合いが違うこともわかります。
セックスの1時間前に飲むと良いと言われています。
その効果も12時間と言う方もいれば、そんなに続かないと言う方もいます。
勃起不全に効果があるバイアグラは基本的には心臓病の薬として開発された経緯があります。
血管を広げて血液の流れを良くする効果があるのです。
逆にその効果があるから、つまり血管拡張効果によって血流が良くなって、めまいや頭痛を訴える方がいます。
これはバイアグラの副作用と言えるでしょう。
その副作用はめまいや頭痛の他に顔のほてり、胃痛、視覚異常、腹痛、鼻水鼻づまりなどがあります。
そして深刻な副作用もあります。
バイアグラを使ってことが終わってもたち続けたといった報告も目につきますが、その際痛みを伴うようだと、それは副作用です。
また4時間以上もたち続けるといった持続勃起になると、最悪勃起する機能が失われてしまいます。
バイアグラはこのような副作用も持っているので、医薬品として医師の処方を必要としています。
勃起不全の方にとっては、簡単で手軽にできるインポテンツ解決法ですが、怖い部分もあるのです。
バイアグラを使用する時は医師の注意を守って、少しでも心配なことがあれば使用を控えて、体調を見ながら服用しましょう。


関連記事一覧